MENU

生後2ヶ月にひどい乳児湿疹が...

生後間もない赤ちゃんの、潤いのあるキレイな肌を突然襲ってきた乳児湿疹...とにかく様子を見てみても、生後2ヶ月、3ヶ月を過ぎてもなかなか良くならず不安になり色々と心配なママさんも多いことでしょう! ここではそんなママさんの悩みに答えていきましょう!

 

乳児湿疹のピーク

乳児湿疹とは、その名の通り乳児の皮膚に起こる乳児特有の湿疹のことです。乳児の肌はとても薄く敏感で弱いため、環境や体質はもとより、食べこぼしの汚れや汗などが原因で赤くカサカサになったり、かゆみや痛みを伴った腫れを起こしたりする場合があります。
乳児湿疹ではなく、アトピーと呼ばれる場合もありますが、本質的には同じで一時的なものではなく、長く続いて繰り返し発症します。

 

乳児湿疹には個人差もありますが、出生時より生後3ヶ月くらいまでの間は胎児副腎由来のデヒドロエピアンドロステロン(DHA)の血中濃度が高く皮脂分泌が亢進するため(生後2〜3ヶ月で低下)脂漏性湿疹ができる赤ちゃんが少なくありません。それ以後も続く場合はアレルギー性のアトピー等の可能性も考えられますが、乳児湿疹が出ているうちはアレルギー性のアトピーかどうかの判断が難しいため、長くても1〜2歳頃までは経過を見る必要があるでしょう。

 

乳児湿疹は季節も影響があるので注意が必要

乳児湿疹の発症時期は季節に関係なく、皮脂腺の多い額や口のまわり、頭などに発症しますが、生後3・4ヶ月頃からは肌が乾燥するようになり、汗をかきやすくなる夏頃までは乾燥が続きやすい傾向にあります。そのため、0歳代の9月から4月頃までは要注意時期と言えそうです。

 

乳児湿疹は1歳頃を目処に治っていくことが多いのですが、夏生まれ・秋生まれの赤ちゃんは、皮脂の分泌が少なくなり始める時期と空気が乾燥する時期が重なるため、肌をこまめに保湿してあげるようにしましょう。また、1歳を過ぎて湿疹が落ち着いてきてからも、乾燥する季節になると再発する場合もあります。

 

乳児湿疹がおおよそ治る期間

乳児湿疹が完治するまでには個人差があり、患部の状態を清潔に保つことや、正しい治療を行うなど、しっかりとケアすることが早く完治させるためには欠かせません。

 

湿疹ができても、洗浄や保湿などを正しく行うことで2週間ほどすれば一旦良くなり、3〜4週間ほどで完治する場合が多いでしょう。

 

いつまでたっても治らない場合や、どんどんひどくなる場合には、早めに小児科や皮膚科を受診するようにしましょう。

 

敏感な赤ちゃんの肌にも大丈夫なオーガニックローションでしっかりと保湿

そんな悩ましい問題に直面しているママさんにオススメしたいのがアロベビーの効果です。
比較的新しく誕生した国産のオーガニックコスメブランド『ALOBABY(アロベビー)』。全成分の99%以上に植物由来原料を使用し、開発から生産まで国産というのが同ブランドのこだわりで、アトピーや敏感肌の赤ちゃんでも安心です♪

 

これまでほとんどなかった100%オーガニックのUVクリームや、ベビーマッサージ専用に開発されたサラサラのオイルなどがママたちのニーズを掴み、順調に成長を続けている注目の存在がアロベビーです!
短時間でも赤ちゃんとスキンシップを図って頂くために作ったのがミルクローションです。伸びの良いミルクローションを使用すれば、手軽にマッサージをしてあげることができます。成分には、オリーブオイルとシア脂に加え、ビタミンを多く含み赤ちゃんの肌を健康的に育てる効果のあるホホバ種子油を使用しています。

 

これでとても安心に赤ちゃんともコミュニケーションが今まで以上に図れるでしょう!


このページの先頭へ